2008-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人格破壊/ケンゾー

22日父が逮捕されて今日で1週間。起訴(裁判所に提出する罪状が決まることで、不起訴になることはまずない)されるまでは弁護士さんしか接見できず、会って励ますこともできないし、どういう状況かも弁護士さんを通してでしかわかりません。
先週は仕事もあったし弁護士さんには叔父・母・弟の3人に会ってもらい、土曜日に岐阜に帰ってきました。

それで今日は僕を加えた4人で弁護士さんに会って父の現状を聞きましたが、日に日に不利な自供を取られてしまっていて、みんなでどうしようって頭をかかえるみたいな…弁護方針も決められないまま帰ってきました。

冤罪なった人がどうしてやってないのに「やった」というかが不思議だったんですが、今回の件で僕なりにわかってきました。

父が逮捕される前に任意出頭(14日)した時の取調べでは、検察の都合の悪いことは調書には書かず、
父:「覚えていない」
検察:「そんな訳ないやろ」
と責められ、
検察:「あの人はこう言ってるぞ」
とかカマをかけ、いろいろ言われたあげく、
検察:「こうだったんじゃないか?」
父:「そうだったかもしれません…」
→「そうだった」と調書に書かれる。という流れで自供させられていて、帰ってきた父に、
僕:「どうしてちゃんと否定しんかったんや」
と聞けば、
父:「確かに管理責任はあるし、当時のこともそう言われればそんな気がしてきた」
みたいなことを言うので、弁護士さんにも説得され、
「やってないことはやっていない。覚えていないことは覚えていない。」
そうゆうことで、もう一度調書を取り直してもらう旨の上申書を名古屋地検に送ったんです。

結局のところ逮捕されてからの取調べでも、覚えていないことは
検察:「こうだったんじゃないか?」
父:「そうだったのかもしれません…」
で、すべて検察のいいように自供させられてしまっていて、父もあきらめムードというか、ハタから見たら、罪を認めて覚悟を決めた、みたいな感じらしいです。

父は厳格な人で、僕の友達で父のことも知る人は、
「お前が捕まるなら話はわかるけど、お前のお父さんが捕まるのはあり得んやろ」
ってくらいなんです。
父としては真面目にやってきたことからのギャップに対応できず、検察の洗脳されたような状況になってしまっているのではないかと思います。
極端にいえば、
検察:「お前はバカか?」
父:「ハイ、そうです」
検察:「首席はこしかけか?」
父:「ハイ、そうです」
検察:「良心はないのか?」
父:「まったくありません」
くらい本当にバカにならないと無理で、それが父にできるわけないよね。って感じですか。

この調子ですべて認めていると執行猶予も難しいかも?ってことで、はてさて、どうしたものか??ホントに思案中。。。
スポンサーサイト

国家権力の陰謀で父逮捕/ケンゾー


昨日父が逮捕されました。
父は悪くないので、この場を借りて説明させてもらいます。

下記は当初のニュースソースで主犯中村容疑者他3名が逮捕された記事ですが、その後名古屋地検(整理回収機構)の思惑で、当時岐阜地方法務局首席登記官であった父及び部下3名を任意で出頭させ、検察側の有利な調書を作成し(自白強要?)法務局側も共謀したとして逮捕してしまいました。

※登記とは、土地や建物を公的(法務局で記録媒体を管理)に記録すること。
※登記官とは、法務局で登記を実施する権限がある人。
※整理回収機構とは、住専問題で発足した機構で警察、検察、裁判官の天下り団体?

簡単に時系列にまとめると、
①主犯中村容疑者他3名が土地の図面を偽造して登記申請。
②法的に必要書類が揃っていたので、法務局側が受理。
③整理回収機構が中村容疑者を告訴。
④検察は中村容疑者が罪を認めないので、②の法務局側も虚偽と知っていたことにした。

写真も下記記事の引用ですが、整理回収機構の競売を阻止しようとした中村容疑者が偽装工作して土地の登記を変更したため、整理回収機構は、登記の差し戻しを法務局に打診するものの、「法的に本人が間違いであると認めない限り差し戻しができない」との回答から、中村容疑者逮捕、法務局側も結託、となれば、より確実に登記の差し戻しができて競売にかけられる、との思惑が見え隠れします。

父は14日13時に検察から任意出頭を求められ、22時まで容疑者扱いで取調べを受けました。帰宅した父に聞くところ、「何を言っても検察側の都合の悪いことは調書に書かない」とのことで、弁護士さんに相談して19日付けで上申書を検察庁に送りました。
それと平行して家宅捜索を受け、再度22日に任意出頭の後、そのまま逮捕となりました。

当然ながら、金銭の受け渡し等は一切なく、動機もない、証拠もない状況を無理やり自供をとって逮捕したということです。
上申書を出したことで、検察が逆切れして、とりあえず逮捕しておけ!ってことでしょう。
確かに今になって改めて見れば、面積が1500倍になるのはおかしいので、それを見落とした事故(業務上の過失?)としてならわかりますが、完全に事件としてでっち上げ、一個人を抹殺してでも債権を回収する、というのは、いくらなんでもやりすぎじゃないでしょうか?

http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008091102000057.html
 ↑
削除されてしまっているので、下記は参考までに。(2009/06/31追記)
http://homepage1.nifty.com/taima/yomoyama/yomo334.html

僕の部屋/ケンゾー


今週は岐阜に帰ってきております。

写真は、僕の部屋と言ってはみたものの僕がほとんど東京なので、子供に占領されドラムが端っこにおいやられ(なんとか叩けます)かわいそうなものです。
ドラムは一応ラディックで、リンゴスターモデルです(^.^)v
ベースはフェンダーメキシコで高校生の分際で生意気です。

まぁせっかく家にドラムがあるので、岐阜に帰ってきたときは時間を気にせず練習できる……ようでなかなかできない(^-^;
今回はそんなこと言ってないで練習します。

さて、今日(現在18時)は台風が接近しているのに岐阜はあまりたいしたことないなぁ。これからかな?

スタジオ/ケンゾー

東京のスタジオってすごいですね。だってカラオケボックス並にスタジオがあるんですよw(゚o゚)w

昨日は岐阜の友達がまた別の友達を紹介してくれるということで、中野にある「ばかたれ」(マスターが岐阜美濃加茂出身の居酒屋であかみそベースの串かつやどて煮がうまい)という店で集合しました。
で、話が盛り上がって、
「今度スタジオ入ろうよ」「うん、いいねぇ」
「今度と言わずこれから入ろうよ」
「え?!これから」
「VOX(中野で40部屋くらいあるスタジオ)なら楽器も貸してくれるし」
「よし、入れるなら入ろう」
って感じの流れでそのままスタジオに行って、受け付けで何時から入れるみたいなノリで、
「45分からなら入れます」みたいな、こりゃマジ、カラオケボックスだな。
まぁそんなんでスタジオに入って、適当にセッション。あと昔の曲を適当にやろうってことで、BOΦWYやZIGGYの曲をやって盛り上がりました。
いやぁ楽しかった。
月一で岐阜会やろうよって別れましたが、またまた次が楽しみですo(^-^)o

マスタリング/ケンゾー


さて、マスタリングとは、CD等を作成する際にプレス用のマスター(原盤)を作成する作業のこと。なんですが、ミックスダウンとマスタリングの違いがよくわかってませんでした。

具体的にいうと、
①レコーディング:パートごとにトラックを分けて録音
②ミックスダウン:その分れているトラック(各パート)のバランスをとって2chステレオにする
③マスタリング:さらにそこから音圧・音質の調整をする

少し前にDTMソフトでマルチトラック録音をした、♪名も無き花とその生涯ですが、音圧をCDレベルまで上げて差し替えました。
ただ、もとのレコーディングの音が悪いので音が大きくなっただけ…笑

写真上半分は差し替え前の曲の波形、下半分は差し替え後の曲の波形です。

当然これは素人の音圧・音質調整(簡易マスタリング?なんて言葉があるかわかりませんが)ですから、プロに頼めばその技量により随分音が変わることになります。

今度10月初旬に東京でやってるバンドでレコーディングしようという話が持ち上がり、いろいろ話を聞いたり調べたりして、やっとそんな初歩的なことがわかったわけです。
まずは、そのレコーディング曲を練習してできるだけいいものが出来るように頑張りますが、それがうまくいったら、ドラムパートだけ東京のスタジオで録音してもらって再度DTMソフトでマルチトラック録音してみようかと思っています。

いやぁ無知ながらやってみるとレコーディング機材とオペレーターの偉大さがわかってきますね。
過去に録音した時はそんなことはあまり深く考えなかったけど、いい勉強になります。
そんな訳で、東京でも、岐阜でもいい仲間がいてくれて感謝、今後ともよろしくです。m(_ _)m

ハイハット/ケンゾー


ハイハットをYahooオークションで買ってしまいました。

というのも、よく行くゴキゲンヤさんというお店に寄付しようかと。
そこのはライブハウスではないのに無理やりライブをやってるようなお店で、ドラムは子供用ドラムしかありません。バスドラが16インチくらいに、タム1、タム2兼スネア?、小っちゃいシンバルの一体型。といってもイメージわかないかも???でもそのおもちゃ感がなかなか良いです。で、ハイハットがあるといいねぇってことで、買ってしまった訳です。
オークションで安いのをいろいろ探して、シンバルのリペア品(写真でわかるように文字が途中で切れてるでしょ)なんですが、やはりハイハット専用でないので、音はちょっと・・・ですが、あるのと無いのではえらい違いなので、まぁよしとするか!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ケンゾー

Author:ケンゾー
ようこそ!
東京在住(岐阜出身)。
趣味:音楽(バンド活動)そんなに上手くないけど担当パートはドラム。
読書、サッカー。
仕事は一応IT系。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (7)
音楽 (180)
芸術その他 (28)
IT関連 (8)
グルメ (12)
裁判 (19)
読書 (23)
未分類 (52)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。