2010-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010

昨日は、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010」と題して丸の内周辺で無料クラッシックライブをやってるらしい、と友達に誘われて、見に行ってみました。


丸ビルの吹き抜けのところ

写真はありませんが、その前に見た、生ヴァイオリンは迫力があってすごかったなぁ~♪

クラッシックなんて聴く機会がないので、知らない曲が多かったのですが、有名な曲とか、少しだけあって、いろいろな場所でやってたりと、それなりに楽しめましたね。
クラッシック好きの方は、めちゃお得なんでしょうけど…f(^^);

ゴールデンウィーク中、ずっとやってるらしいですよ。

http://www.to-on.com/lfj2010area/

スポンサーサイト

音楽はすばらしい!

またまたライブレポなんですが、

まずは、23日、恵比寿駅前バーにて、

吹雪ユキエ(唄,gt)、田中まさよし(和太鼓)、special guest神永大輔(尺八)、▲s(ピラミッドス)のチューバ
歌、ギター、和太鼓、尺八、チューバ、とっても珍しいコラボで、巣晴らしかったです!o(^o^)o


チャラン・ボ・ランタン もも(唄)、小春(唄,acc)、special guest▲s(ピラミッドス)
いやいや、こちらのコラボも見事!アコーディオンいいね!

昨日は、いつもの、ゴキゲンヤにて、

ラテン・スーパーVo&Gのアントニオさんと、川口弥夏さん(Dru)です。

アントニオさんの歌とギターも上手なんですが、さらにドラムがすごかったぁ。
ゴキゲンヤさんは、スペース的な事情で子供用ドラムなんですが、全く関係なし。
東京は上手な人がいっぱい居てますわ~
そんな人たちが集まってくる、このゴキゲンヤも訳わからん店ですわ~

昨日の動画ではありませんが、別のライブ動画がYouTubeにあったので紹介しておきます。


そ~れから、、、
お友達の家で宅録~♪
朝5時半くらいの電車で帰ってきました。
久しぶりのオールで、老体にはこたえましたが、充実したかな…f(^^);

国際フォーラム

国際フォーラムに行ってきました。



どうして行ったかは、事情があって内緒です…f(^^);

いいなぁ、僕もこんなところでやりたいなぁ~♪

ボンゴレロッソ

昨日は友達の舞台を見てきました。

劇団†勇壮淑女/『ボンゴレロッソ』



作・演出 金沢知樹
原案・演
出協力 A・ロックマン

【出演】
相原 美奈子
山口 由紀恵
勝又 悠里
(以上、劇団†勇壮淑女)
江間 直子(無名塾)
大久保 凛
斎藤 久美子(G-Rockets)
シマウタ♪
菅川 裕子
祖父江 桂子
徳永 梓(スターダスト)
日向 みつか
福原 舞弓(スターダスト)
堀口 幸恵(アルターエゴ)
松村 真知子(劇団スーパー・エキセントリック・シアター)
矢部 瑶子

劇団†勇壮淑女
http://www.geocities.jp/yu_so_syukujyo/

いやぁ、非常によかったですよ!
19日、今日で千秋楽だったはずですので、ネタバレしても大丈夫ですね。
12年ぶりに同窓会で再開したクラスメートが、元担任の記憶喪失を直すため、一致団結し当時文化祭で演奏した曲を再び演奏する。その過程の人間模様を描く。
と~ってもベタな内容なんですが、話はわかりやすくて、笑いのタイミングも絶妙で、演技も良くて、文句なし。
ブルーハーツのチェインギャングをホントに演奏したんですが、楽器未経験の役者さんたちが1ヶ月練習しただけですから、荒削り(下手ともいう)
が、だから余計に劇に合っていてよかった。
なんか、若かれしころの文化祭や、当時の頃を思い出して、ジーンときました。
曲がブルーハーツだったのも、年代がオーバーラップして、ホントによかった。
改めて、舞台(芸術)のすばらしさと、音楽はテクニックよりも気持ちだと感じました。(ま、上手いにこしたことないかもですが…笑)


忘れ物

木曜日15日の夜、山手線で僕のパソコンバック見かけた人はいませんか?

しこたま酔っ払って、電車でうとうと。
早くから四谷で飲んで、中央線神田乗り換え、山の手線上野で降りる予定が、あっと気がついて、降りた駅は池袋。
(時間的に多分1周したのでは?)
ん、パソコンバックがない・・・
多分、このとき電車の床にでも置いていて、持たずに降りたのではないか?という推測なんですが、もしかしたら別の場所でなくしたのか定かではありません。

酔ってはいたのですが、多少酔いも覚めて、すぐ104に電話してJRインフォメーションセンターの電話番号を聞いて電話してみたけど、24時で終了していて、捜索は翌日持ち越し。

未だ、そのようなカバンのお届けはないようです。との回答。

酔っ払ってパソコン無くすとは…さすがに、凹みますね…f(^^);

話は変わって、というか戻ってきますが、
水曜日14日、岐阜に帰って、3ヶ月ぶりくらいでストロベリーハーツの練習をしました。


スタジオ内風景


アンディの新エフェクター(音づくりがんばった)

久しぶりに音あわせできてたのしかった!

その時、ICレコーダーではりきって録音した音源ですが、パソコン、ICレコーダー、その他読みかけの本ともども、電車に忘れてきてしまいました。
すいません…m(_ _)m

時代劇とライブ

昨日は、昼に時代劇を見て、夜にライブを見るという長丁場でした。

まず、昼の時代劇は、お友達が出演する舞台。
会場は、武蔵野芸能劇場(三鷹駅北口すぐ)だったので、11時半くらいに家を出かけました。

「静寂(しじま)のさきに」
(河竹黙阿弥「三人吉三」より)

河竹黙阿弥の、有名な歌舞伎が元になっているお話で、出演者はなんと35人。

内容は、というと、
元禄。将軍・綱吉の時代。江戸を騒がせた盗人3人がいた。お坊吉三、お嬢吉三、和尚吉三。この三人吉三の盗人を主役にいろいろな人間模様が描かれる。

感想は、というと、かなり良かったです。
休憩をはさみ前後半に分かれていたんですが、前半はシーンも登場人物も多く、めまぐるしく移り変わるので、ダイジェスト版みたいで、難しい。。。と思ったんですが、後半が良かった。
後半の為に、前半詰め込まな、しゃぁないかなぁ~って感じかなぁ。

言いたいことは、多分、因果応報。
過去の過ちが、まわりまわって、また自分に降りかかる。
いいことも、悪いことも、人との繋がり。

人それぞれに感じ方は様々だったと思いますが、今までの自分の行動を振り返ってみて…ん~
感動あり、考えることあり、いい作品だったと思います。

公演が15時半くらいに終わって、夜のライブは19時。
はてさて、どうすんべ?
ライブ会場は、僕らも先日ライブをやった吉祥寺。
三鷹からはお隣の駅ですから、移動時間ほぼなしで吉祥寺に到着。

井の頭公園でも行ってみるか?
で、行ってはみたものの、お花見の人たちでいっぱい。まぁそうやわなぁ。。。
また駅前に引き返し、黄金の蔵が営業してたので、あ~良かったと、16時インで2時間半くらい飲むことに。。。

かなり出来上がり、ライブ会場へ。

はい、RATのツーマンですよ!

オールスタンディングで100人以上は入ってたかな。
小さ目のライブハウスなんで、もうギュウギュウで大変でしたが、これも良かった~o(^o^)o
(人の頭ばっかで、写真は撮れませんでした)

RATは行くたびに良くなるし、お客さんも増えてるから、ホント期待のバンド!
只今アルバム製作中とのことで、5/28、レコ発ライブらしいから、それにも行きたい。
ツアーファイナル、7月に下北沢SHELTERでワンマン、それも行きたい。

RAT Official Web site

そして、また例のごとく、秋葉原の天下一で生ビールと餃子でしめ。
てたら、バッタリ、友達と会うし。

ま、そんなこんなで、濃い一日となりましたとさ。めでたし、めでたし!

お花見

平和な土日で昼寝もしちゃって…
と言いつつ、昨日の時点で平和だと思ったのですが、そんな平和が2日目ともなると、あ~暇だぁ!ってことになり、勝手なものです。

ま、それはともかく世の中花見シーズンなので、僕はというと、一人散歩。

昨日は上野公園に散歩。

天気も良くて、とってもキレイ!
なんですが、歩くのも大変なくらい、すごい人、人、人。
なぜか、毎年そう思いながら一人で上野公園散歩を散歩してる気がする…サビシイ
ま、でも、この混雑ぶりが花見を実感するね!

ってことで今日は隅田公園まで散歩。

多分、建設中の東京スカイツリーでしょね!
曇っていて、天気がイマイチなのが残念。

散歩途中の浅草寺はというと、只今改装工事のため、桜はイマイチ。
ということで、写真は撮りませんでした。

なんだかんだ言っても、満開の桜は、やっぱキレイ!
暇な休日でしたが、桜に心洗われ、充電完了!また明日~って感じです!o(^0^)o

本の紹介

新年度!!
…3日も過ぎてしまいましたが、、
気持ち新たに張り切ってまいりましょ~ぅ\(^_^)/
(って何回も改めれんってか…)

3月中は土日も仕事(帳票作成)をして、ライブにむけての個人練習でスタジオ、バンドでもスタジオという感じで、あ~忙しい、と言っておりましたが、どちらもある程度落ち着きまして、今日は久しぶりの平和な土曜日を迎えております。

今週もお友達のライブを2本見に行き、そんな中でしたので、ご紹介できなかったのが残念ですが、今日は本の紹介とまいりましょうか!



定年ゴジラ/重松清

あらすじ:
大手銀行に42年間勤め定年を迎えた主人公の山崎さんの、定年してからの日々と団地仲間たちとの交流、そして家庭の中で自分の「居場所」を見つけるまでの苦悩を描く。(Wikipedia引用)

感想:
重松清さんの作品は、初めて読んだのが「ビタミンF」。
オンタイムのビジネスマンを描いていて、これがなかなか良かったので、今度は何を読もうかなぁ~?って思いながら、ブックオフ重松清コーナーを眺めていたら、え、定年?ってことで読んでみました。
(ま、僕、一応30代なんで…)

毎日何をしようと思えるくらい時間があるってどんな感じか、イマイチ実感がわかないですが、僕は仕事がなくなったら何をするのかな?
やっぱりボケてしまうのではないか?というような恐怖感もありますね。

若いうちはあまり家族の存在って考えないですが、仕事がなくなると、社会に属する感じが薄くなり、家族に属す感が強くなるのかな?

今春から息子が大学に通うらしい。父が裁判中。
とあって、僕は東京で何をすべきか?
いろいろ反省し、考えられさせる作品でしたね。

重松清さんの作品は、家族をテーマにした作品が多く「流星ワゴン」など、5作品くらい読んでいますが、誰にでも共通して共感できるところがあると思います。おすすめですよ~♪

鳥人計画/東野圭吾

あらすじ:
和製ニッカネンとの異名を取った天才ジャンパーが毒殺された。不振が続く日本ジャンプ界にあって、彼、楡井明だけは世界の頂点をも窺える強さを持っていた。そんな彼がなぜ―。(Wikipedia引用)

感想:
推理小説もたまに読みたくなり、宮部みゆきさんも好きなんですが、今回は東野圭吾さん。
最近、前回「さまよう刃」を読んだ時に、本屋さんで並べて置いてあって、ちょっと気になっていたので読んでみました。
東野圭吾さんらしく、はじめから犯人がわかってるトコから物語がはじまります。
で、二転三転していくわけですが…
直木賞受賞作の「容疑者Xの献身」が良すぎただけに、ま、こんなもんかな?っていう感じではありますが、オリンピックを目指す選手、その周りの人、家族の苦悩や、ドーピング問題、そんな社会的な問題定義的なところをうまく盛り込んだ作品だったと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ケンゾー

Author:ケンゾー
ようこそ!
東京在住(岐阜出身)。
趣味:音楽(バンド活動)そんなに上手くないけど担当パートはドラム。
読書、サッカー。
仕事は一応IT系。
よろしくお願いしますm(_ _)m

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (7)
音楽 (180)
芸術その他 (28)
IT関連 (8)
グルメ (12)
裁判 (19)
読書 (23)
未分類 (52)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。